不動産名義変更応用サイト

不動産名義変更を自分で行う場合、役所に通う等の時間や手間がかかります。

rainbow

離婚して不動産名義変更をする場合

結婚して土地や家を購入し夫婦二人の名義にすることがよくあります。
共働きでどちらにも収入がある場合、このようなケースは珍しくありません。
が離婚する事になってしまうと、色々と不動産名義変更の件で問題やトラブルが発生することがあります。

離婚の原因によっても異なりますが、どちらか一方に過失がある場合、過失が無い方の人の主張が通るのが一般的です。

例え裁判になっても旦那さんが不貞行為を行って離婚になり、奥さんが自宅の所有権を主張すると奥さんの方の主張が認められやすくなります。

不貞行為の場合、慰謝料が発生しますが、その慰謝料分で奥様に自宅を贈与ということもあります。

旦那さんの収入が多い場合はこのようなケースはたくさんあります。

夫婦どちらともの理由で離婚する事になった時は不動産名義変更の時、土地や不動産を取得する人の方がまとまった金額をもう一方に支払うようなケースもあります。

築年数が浅い場合は、ローンの名義人を変えることで治まることもあり、個々のケースによって違います。

できれば、円満に離婚する時にも贈与契約書や財産分与契約書等、法的書類を作成する必要がありますので、司法書士さんや弁護士さんに相談して円満に解決できるようにしておきましょう。

土地や建物を自分の名義にすると固定資産などの税金の支払いも自分になるという事を理解しておきましょう。

税金が払えなくて土地や建物を取得しても意味がありません、年間どれ位の税金が必要か調べてから名義変更を行って下さい。

Comments are closed.