不動産名義変更応用サイト

不動産名義変更を自分で行う場合、役所に通う等の時間や手間がかかります。

rainbow

不動産名義変更は自分でした方がいいのか

不動産名義変更は相続登記や所有権移転登記など様々な種類があります。

色々なケースによってかなり複雑になる場合もありますが、司法書士さんにお願いせず自分で名義変更を行いたいという方は、まず法務局で不動産の登記事項証明書を取って下さい。

どうやったら登記事項証明書が取れるのか判らないという人も法務局できちんと説明してくれますので安心です。
参考:業務のご案内:法務局

不動産の所在地が判る地図のようなものがあれば1通に付き千円程の手数料で取れます。

相続登記を行おうとする場合は、お近くの市町村窓口で戸籍謄本や住民票、固定資産税評価証明書が必要になります。

こちらも市役所などで聞いて頂ければ取得するのは難しくありません。

その時、理由を聞かれますが相続登記の為だと言えばOKです。

遺産分割協議書は、遺族が1人の場合必要ないですが複数の場合は必ず必要です。

不動産登記事項証明書の記載と同じように記入します。

法務局には1回の手続きではなく相談して申請し不備があれば再度出向かなければなりません。
平日のみしかあいていなのでお仕事をされている方は大変です。

自宅の近くにその土地を管理する法務局や市町村窓口があればいいですが、無い場合は遠方の役所まで出向くか、郵送で取り寄せるケースもあります。

さらに遺産分割協議書や財産分与契約書、贈与契約書などの作成が必要なので、自分でできるか不安な方は司法書士さんに頼んだ方が気持ち的に楽になります。

不動産名義変更は簡単に1日で済ませられるものではありませんので注意して下さい。

Comments are closed.