不動産名義変更応用サイト

不動産名義変更を自分で行う場合、役所に通う等の時間や手間がかかります。

rainbow

不動産名義変更(所有権移転登記)

夫婦が離婚したり、家族から土地を安く購入したり、親から生きているうちに土地を貰ったり、自分の土地を売却して所有権移転登記の為に不動産名義変更をすることがあります。

例えば夫婦で土地と建物を両方の名義で購入した場合、離婚する事になったら一般的にはご主人か奥様かに一方がある程度のお金を払って不動産名義変更を行います。

これは場合によって財産分与ということでお金などの支払いはなく手続きが行われる事もあります。

離婚などで揉めたりした時は、すんなり所有権移転登記ができず裁判になることもあるので名義変更するのに時間がかかるケースも多いです。

財産がある程度ある場合はできるだけ揉めずに自分の主張する財産分与などが上手くいくような話し合いをすることが大切です。

ご家族から土地を時価よりも安い金額で購入する場合も注意が必要です。

贈与税がかかる事がありますので簡単に決めずに、売り渡す金額で贈与税がどれくらいかかるのかという事を調べておく必要があります。

家族に安くで売った上に贈与税を取られてかなり損したという人もいるからです。

できれば司法書士さんなどのプロに相談してから家族に売る金額等を決めましょう。

金銭的な支払いが無く土地を家族等にあげる場合も贈与税がかかります。

あげる土地の価格にもよりますが、高額の贈与税を払わなければならなくなったケースもあります。

こちらも慎重に検討して決めて下さい。

自分の土地を売却する場合、プロの不動産屋さん等に入ってもらってから売りましょう。
個人個人で土地売買を行うと返って後で揉めることも多いです。

手数料はかかりますが不動産屋さんが仲介してくれれば問題が発生してもお任せできます。

Comments are closed.