不動産名義変更応用サイト

不動産名義変更を自分で行う場合、役所に通う等の時間や手間がかかります。

rainbow

不動産名義変更(相続登記)

ご両親や御兄弟、家族のどなたかが土地や不動産を持っていて亡くなった場合、相続登記のために不動産名義変更をしなければならなくなる事がどなたにもあります。

手続きを行うのに時間が無いし、面倒だとお考えなら司法書士さんにお任せしてもいいですが、費用が結構かかりますし、自分の家族の事なので自分でやりたいという方も結構多いです。

相続登記の際の不動産名義変更は、まず登記事項証明書(登記簿謄本)を取得して、その土地や家等の不動産を誰が所有しているのかという事を確かめる事から始まります。

両親が所有している土地だと思っていたけど、実は借地だったという事もあります。

借地の場合、借り続けるのか家等を撤去するのかという問題になります。

所有者が間違いなく家族の場合不動産名義変更の手続きに入ります。

戸籍や住民票、土地等の評価証明書を市役所などで入手して相続人を確定させます。

次に相続登記申請書類を作って相続登記を申請します。

簡単に書いていますが、役所や法務局等に何度も足を運ぶ事になります。

税金や書類の取得費用等ある程度の費用は自分でやってもかかりますので、自分でできるのかどうか判断しましょう。

司法書士さんに頼んだ場合は5万円から10万円位の費用がかかります。
>>名義変更手続きサイト:土地の名義変更情報支援

自分で行うと手続き費用と交通費位ですのでかなり安く費用は抑えられます。

しかし、知識がなければ手間が凄くかかるということを覚悟しておきましょう。

特にお仕事をされている方は役所関係がお仕事の時間と重なりますので、十分に検討されてください。